【シンデレラLAB第5回】<br>ドールアーティスト オダニミユキさんのレポート♡♡<b/> | プロジェクト・キャンペーン | JKのための"学校では出来ない"スペシャル体験ならCINDERELLA WEB

【シンデレラLAB第5回】
ドールアーティスト オダニミユキさんのレポート♡♡

こんにちは、わーゆ(@Yicm_Cinderella)です!

今回はドールアーティスト
オダニミユキさんによる
「第5回 シンデレラLAB」の様子をご紹介します!

 
早速当日のレポート動画をチェック!⇓⇓


まずは、講師の方の紹介から…

■オダニミユキさん

可愛いドールカスタムでInstagramでも話題沸騰中!

お人形を使ったビジュアルディレクションや、
カスタマイズ、ドール用のお洋服製作など
大人も楽しめる人形遊びを考え出し、
ブライスを中心に洋服制作や個展を開いています ♡


ブライスとの出会い

3年制の専門学校に通ったというオダニさん。
もともと4年制大学に通うつもりだった、
ということで、
「卒業後1年間は好きなことをして過ごしていいよ」
とご両親に言われたそう。
好きに過ごして1年間が過ぎようとしていたある日、
お母さんから言われた一言は、

「さすがに好きにしすぎ(-“-)」

そろそろやばい…と思っていたその頃!
久しぶりに母校に行ったところ、
先生のお手伝いで友人と一緒に
デザインの仕事をすることに!
そして半年間のお手伝い期間が終わり、
その友人は先生に仕事を紹介してもらえたそう。
いよいよ自分にも就職のチャンスが(;゚Д゚)!
と思っていたオダニさんですが、
先生からは「君は就職に向いてない!」
とバッサリ言われてしまったようで…
そこから「自分の好きなものを作りたい」
と気づいたようです。

そこで、
たまたま通りかかったロリータ系ブランドを見て、
「可愛い!!」と思い、早速応募。
無事に受かって、
デザイナーとして働き始めたオダニさん。
そんなある日、勤務先のブランドとの
コラボレーションが決まったのがブライス人形。
そこからどんどんブライスの魅力にはまり…。

人形との出会いはまさに奇跡??
なるほどそこで出てくるのか…!!!
と、参加者も感動。



■自分のブランドを持つまでの
大切なことは?

「とにかく、続けること、が大事なんですよ」

学校卒業後の1年間、制作したものなどを
毎日欠かさずアップしていた甲斐もあり、
今のようになったというInstagram。
いいねも増えていくし、
海外のかわいいもの好きの人からの反応も
増えていったそう!
今は手軽にTwitterやInstagramやブログで
発信できますよね!
このレポートを読んでいる方の中にも
やってる人は多くいるのでは…?
毎日続けること!
みなさん出来てますか?((笑


■女子高生時代ちゃんとやって
おけばよかったなぁ~
と思うことは…?

「英語はね、ほんと…やっておいたほうがいいよ!」
らしいです(´-`).。oO
可愛いものには海外からの反応が多いそう!
コメントの返信や商品の売買の際にも、
英語が使えたらな~と思うことがオダニさんでも
多々あるそうですよ!


■ワークショップ

シンデレララボの醍醐味、
ワークショップのお時間!
可愛いドールをさらに可愛いく撮る方法を
教えていただきました!
今回はドールアーティストの方が
講師ということもあって、
自前のブライスさんを連れてくる
参加者もちらほら!
こちらはなんと眠り目さんと、
アイギミックがカスタムされている
ブライスさんでした!

私わーゆも、そんなブライスユーザーの1人!!
スコッティマムさんと一緒に
参加させていただきました!♡

写真をおしゃれに撮るコツは、ずばり…

「背景の布に素材感のあるものを持ってくることが
とっても大事なんです!
いいねがいつもの倍以上増えるよ…((笑」

だそうです!
その他にもキラキラしたものを散らしてみたり、
グロスなどもあえてフタを外して
出した状態で撮ることが大事。

実際にみんなで写真を撮ってみました!

「すごい!全然ちがう!」

「めっちゃおしゃれに見える!」

なんて声が飛び交います…
オダニさんに教えてもらいながら撮った、
自信作はこちら⇓⇓⇓


かわいい~~♡♡

最初から最後まで、
とってもためになるお話を聞かせて頂けました!



最後に、オダニさんから一言!

『大切なのは、
好きなことを見つけて続けること!』


オダニさん、ありがとうございました!!
これからも素敵な作品、楽しみにしています (*’ω’*)
私も、好きなことを見つけて、
我慢強く続けていきたいです!

それではまたシンデレラLABで
お会いしましょう(^^)/

 

似ているプロジェクト・キャンペーン

Page Top